読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

煽り

かつて太陽は月をあたたかく照らし、愛していた。月もまた太陽を愛し、その輝きを太陽へと贈った。
太陽と月がお互いを愛し、星々が祝福する平穏な夜は、たった一つの欲によって砕け散った。
『月をも取り込めば、自分はもっと強く逞しい王となれる』
それは危険な思いつき。全ての宇宙の均衡を乱す悪しき願い。
しかし太陽は愛よりも力を望み、戦いの火蓋は切って落とされた。
祝福の星は欲に駆られた太陽と悲しみに暮れる月を守るべく、戦いに身を投じてゆく。

ーー・・・・・・君の手で、新たなる神話を紡ぎ出せ。
宇宙神RPG『ソルナイト』。
星々よ、君は何のために力を求めるのか。